新・蓄電池時代、到来。REVOLZA ーレボルザー

RE100取得、CO2排出量削減、
脱炭素社会の実現に向けた
自家消費ソリューションの導入をご検討なら
安心の国内メーカー「ネクストエナジー」製の
産業用リチウムイオン蓄電システム
「REVOLZA ―レボルザ―」
レボルザREVOLZA
、それは、
企業の未来を照らす蓄電池。
脱炭素社会に向け、企業のアクションが加速していく中、
電気の自家消費、つまり「蓄電池」の導入は
重要なキーワードとなります。
企業が抱えるさまざまな課題を解決へと導く
「REVOLZA -レボルザ-」が、
企業の存在価値を高め
確かなものにします。
※車載電池搭載量(容量ベース)で2017年〜2020年の4年連続で1位(SNEリサーチ調べ)
・交流接続型
・定格50kVA
・電池容量(
初期
容量
)153.6kWh
・三相連系
・低価格
新・蓄電池時代、到来。REVOLZA ーレボルザー 新・蓄電池時代、到来。REVOLZA ーレボルザー

産業用リチウムイオン蓄電システム「REVOLZA」の特徴

産業用リチウムイオン蓄電システム「REVOLZA」の特徴
産業用リチウムイオン蓄電システム「REVOLZA」の特徴
  • 安全性を重視した電池

    リン酸鉄系リチウムイオン電池は内部で発熱があっても結晶構造が崩壊しにくく、熱安定性が高く安全性が高い。
  • 10年長期保証蓄電池パック※1

    内部電池環境温度を管理し高耐久を実現。
    10年使用でSOH※270%以上を保証します。
    ※1 蓄電池パック:10年、蓄電池パック以外:5年(パワコン、エアコンなど。但し、消耗品を除く)
    ※2 State of Health:劣化状態を示す指標
  • 低価格の実現

    システムをユニット化したシンプル構造。
    ワンユニット化する事でコストを削減。
    産業用蓄電池の低価格販売が実現。
※車載電池搭載量(容量ベース)で2017年〜2020年の4年連続で1位(SNEリサーチ調べ)

産業用リチウムイオン蓄電システム「REVOLZA」の必要性

すべては企業の課題解決のために。
  • 電気代削減・CO<sub>2</sub>排出削減電気代削減・CO2排出削減
    電気代削減・CO2排出削減
    夜間など電力消費が少ない時間帯に貯めた電気を、消費が多い時間帯に使用することで電気代を節約することができます。また電気の基本料金は、使用電力が最も多いピーク時を基準として設定されますが、REVOLZAに蓄電した電力を活用し系統からの買電量を減らすことにより、基本料金を下げることも可能となります。
  • BCP対策・CSR活動BCP対策・CSR活動
    BCP対策・CSR活動
    地震や台風など予測不能な自然災害が発生した際に、業務を滞りなく継続させるためには電源の確保が必要です。REVOLZAに電気を貯めておくことで、停電時でも太陽光発電システムを有効活用できるとともに、夜間の電力供給も可能となります。
  • RE100への取り組みRE100への取り組み
    RE100への取り組み
    太陽光発電システムで生み出した電力をREVOLZAに蓄電し、適切に使用すること、すなわち電気の自家消費を行うことにより、CO2排出量の削減を見込むことができます。現在導入が検討されている炭素税や、RE100への対策としても有効です。
    ※使用電力の100%を再生可能エネルギー由来のものとしている企業が参加する国際的な企業連合

低価格に加え、導入を後押しする「REVOLZA」の補助金

REVOLZAは
「産業用蓄電池補助金対象」
製品です。
産業用蓄電池補助金対象製品
該当項目
●地域レジリエンス・脱炭素化を同時実現する避難施設等への自立・分散型エネルギー設備等導入推進事業
●グリーン社会実現のためのオンサイトPPA等による地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業
※令和3年度の場合
産業用蓄電池補助金対象製品

国内メーカーだから安心して使用できる。「REVOLZA」の運転モード

  • 自家消費モード

    太陽光発電で自家消費を優先的に行い、余剰電力分を蓄電池に充電します。発電電力よりも負荷電力が大きい場合は、蓄電池から放電をします。
    太陽光発電電力を最大限に活用できます。
    自家消費モード
  • ピークカットモード

    デマンド値がピークカット設定値を超えないように蓄電池から放電します。デマンド値が充電開始設定値を下回った時に蓄電池へ充電をします。
    ピークを抑えて基本料金を削減できます。
    ピークカットモード
  • 固定電力モード

    設定された電力で蓄電池に充電や放電が行えます。スケジュールモードと組み合わせる事で、設定した数値で一定時間充電や放電するといった設定も可能です。
    例えば台風が迫っており、強制的に充電を行いたいなど、指定値で充電と放電を行う為のモードです。
    固定電力モード
  • スケジュールモード

    自家消費・ピークカット・固定電力を曜日毎に時間帯を指定してスケジュールを組むことができる運転モードです。
    曜日毎に10パターンの時間帯を指定し、設定する事ができます。
    スケジュールモード
  • オフグリッドモード

    停電時に特定負荷へ電力を供給する為の運転モードになります。
    停電時に運転を切り替えて使用します。
    オフグリッドモード
  • 共通充放電設定

    共通充放電設定はどの運転モードでも適用されるSOCの設定で、95%が充電上限、5%が放電下限になります。上限値になったら充電が止まり、下限値になったら放電が止まります。
    SOC上限値と下限値は設定変更できます。
    共通充放電設定
    ※State Of Chargeの略。充電率または充電状態を表す指標。

産業用リチウムイオン蓄電システム「REVOLZA」販売告知動画

システム構想

蓄電池システムのみで制御を行う構成

産業用リチウムイオン蓄電システム「REVOLZA」の仕様

■ST154KWH-50HV
蓄電池仕様セルタイプリン酸鉄リチウム
蓄電池容量153.6kWh(初期容量)
交流仕様定格交流出力連系時 50 kVA
最大交流出力連系時 55 kVA
定格交流電圧三相 200 V
交流電圧範囲三相 180 〜 220 V
力率> 0.99 (定格時)
定格周波数50/60 Hz
絶縁方式絶縁トランス
定格電圧 自立運転時200 V
一般データ外形寸法 (幅 × 高 × 奥行)2300mm × 2400mm × 1000mm
重量 (蓄電池あり / 蓄電池なし)3.5t / 1.9t
保護等級IP54
動作範囲−25 ~ 45℃
動作湿度範囲0 〜 95 % (結露なきこと)
冷却方式温度制御された強制空冷
通信方式RS485, Ethernet
通信プロトコルModbus RTU, Modbus TCP
※連系時、自立運転時
掲載内容は製品の仕様変更などで予告なく変更になる場合があります。

産業用リチウムイオン蓄電システム「REVOLZA」の資料ダウンロード